自分が燃え尽きていると思うなら読んでください

心理

今まで熱心にやっていた仕事に燃え尽きてしまっていたり熱心にやっていたスポーツに燃え尽きてしまっていたりと、この記事を読んでいる人は心当たりがあるのではないかと思います。

 

ここで今までを思い返してください。

 

燃え尽きと逃げる

 

この二つを勘違いしてしまっていませんか?

 

スポンサーリンク

ネガティブな感情が燃え尽きていると勘違いしている

一昔前までは燃え尽き症候群についての心理的な研究がされていたのは確かです。

 

しかし、最近では燃え尽きについての研究はほとんどされていません。

というのも、燃え尽きをひとくくりにすると明らかに可笑しいことが出てきます。

 

ネガティブな感情による勘違い

 

  • スポーツで全国大会に出場している人が競技力の低迷が続き燃え尽きてしまう場合
  • スポーツをやり始めた選手が競技力の低迷が続き燃え尽きてしまう場合

 

この2者が燃え尽きてしまったという場合

 

全国大会に出場しているからとか才能の違いがあるからなど、そこが論点ではありません。

 

やる気が無くなっていることや競技力の低迷ではなく練習が辛いからといった言い訳をして「自分は燃え尽きている」と勘違いをしてしまう。

 

またそのスポーツの他に楽しいことを見つけスポーツに身が入らなくなり「燃え尽きた」と自分に言い訳づけている人など、様々いると思います。

 

やれるだけのことをやり、できる限りの努力をしてそれでも尚競技力が低迷している、そういった場合だと燃え尽きていると言える場合もあります。

 

何が言いたいかというと

ネガティブ感情が強い人は自分は燃え尽きている

と勘違いしています

 

スポンサーリンク

ネガティブ感情と燃え尽きの関係

仕事、スポーツ、勉強でも優秀な人やトップのレベルにいる人は燃え尽きたと思わない

 

というのも、そういった人たちはネガティブ感情が少ないです!

失敗をしても、努力を怠らず向上心を持ち常に前を向いています

中には世界で1位をとってそれ以上目指す目標がなくなった。といったことで燃え尽きている人はいますが、それは例外とします。

(何か目標を成し遂げた後の燃え尽きはよくあること)

 

 

ネガティブ感情が強いと

 

  • 失敗をしたら、「自分はやっぱできないんだ」
  • 成長しないのにやることは辛い
  • 所詮自分はその程度だ

 

などと負の感情になりそれが

 

燃え尽きた

 

に繋がってきてしまいます。

 

スポンサーリンク

最後に読んでください

燃え尽きたと思っている人へ

 

決して燃え尽きていることは悪いことではありません。

しかし、最近では燃え尽きはネガティブ感情自分が逃げているということもあると思っていてください。

 

だからこそ、燃え尽きたと思う前にそうならないメンタル力の強化(メンタルタフネス)をしていくことが最善策だと言われています。

 

燃え尽きてから「燃え尽きたときはどうすればよいのか」と手を打つのではなく、燃え尽きないようにするにはどうしたらよいのかを考えることが大切です。

 

燃え尽きる前にメンタルを鍛えていきましょう!!!

 

一つの鍛え方としては著名人などのエッセイを読むこともよいですよ!

コメント