何をやろうか迷っている人へ

心理

やりたいことはみつかっていても、何からやろうか迷っている。ということはよくあると思います。

 

・将来は起業して稼ぐんだ

・いつか世界を旅しに行く

・英語を話せるようになる

 

やりたいことはたくさん出てくると思います。

 

今回はそんなあなたに気づいてほしいポイントをまとめました。

 

スポンサーリンク

ここで立ち止まる人が多い

やりたいことを始める前にここで立ち止まる人がいると思います。

 

何から始めればよいかわからない

 

あながたやろうとしていることは、人生の中でとても大きなことかもしれません。

一つここで知っていて欲しいことは

 

何から始めればよいかわからない

というのは当たり前のことです。

 

あなが習っていたことや学生時代に行っていた部活動、アルバイト

そのすべてはやり方を知ったうえで、始めたわけではありませんよね。

 

・・・でも、始めていますよね?

 

あなたの人生ではすでにやり方がわからないことでも、始めている経験があります。

まずはここに気づいてください。

 

 

起業している人

社長をやっている人

ビジネスで成功している人

 

どんな人も始めからやり方を知っている人なんていません。

 

しかし、今までやりながら考えて過ごしてきたはずです。

立ち止まって何もやらないより、やりながら考えることにマインドを変えていくべきです。

スポンサーリンク

客観的な視点を持ってください

メタ思考をご存知でしょうか?

 

物事を一歩上からの視点で考えること

 

このことをメタ思考といいます。

 

物事には必ず本質的な理由があります。

 

例を出すと

 

ご飯が食べたい

↓なんで?

お腹が減っているから

↓なんで?

栄養が必要だから

↓なんで?

自分の身体を動かすため

 

メタ思考をしていくと

ご飯を食べるのは自分の身体を動かすため

と理由が必ず出てきます。

 

 

あなたが迷っていることは、本当の理由を理解していないから迷いが出てしまっているのです。

 

理由があるから行動をしています。

なんで?という思考を持ちましょう。

スポンサーリンク

結果がわかっているならすでにやっている

この宝くじを買えば必ず一億あたります

と言われたら誰でも買いますよね。

 

このように初めから結果がわかっていれば、何の迷いもなく行動していると思います。

やり方を考えるよりも先に、行動に移しているわけです。

 

そして、結果がわからないから

不安迷い遠慮をする気持ちが出てきます。

 

ある物事に取り組みたいとき、たくさん経験を積んでいくことで

これからのビジョンが想像でき、次にやることが浮かんできます。

 

ビジョンや次にやることが、一つの結果としてい想像できているからこそ迷いがなくなっていきます。

スポンサーリンク

最後に

 

結局は自分の人生は自分で決めるわけです。

 

今から行動に移そうが、もう少し考えてやるとしても

これだけは心に残しておいてください

 

思っているだけでは何も変わりません

 

何をやろうか迷っているなら、調べればいいし経験している人から話を聞くこともできます。

そうやって思っているだけの自分に満足をしているだけです。

 

調べ方がわからないなら、情報の集め方から勉強をすることだってできます

そういったところから、自分のやることに対しての行動が始まっているのです。

 

それが何をやろか迷っていることの第一歩となっていきます。

コメント